タグ アーカイブ: Instagramマーケティング

Instagramのエンゲージメント率を上げる方法とは?

Instagram(インスタグラム)は、個人利用だけでなくビジネスにもよく活用されているSNSです。インスタグラムを使ってブランドのファン獲得や売上げアップを目指すなら、エンゲージメント率を意識してアカウントを運用するのが重要なポイントとなります。

本記事では、インスタグラムのエンゲージメント率について詳しく解説します。エンゲージメント率の重要性や、エンゲージメント率を上げる10の方法などを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

インスタグラムのエンゲージメントとは?

SNSのエンゲージメントとは、「いいね」やコメントといったユーザーから寄せられた反応のことです。エンゲージメントはもともと「契約」「約束」などの意味を持つ英単語ですが、ビジネスやマーケティングの世界では「企業と顧客とのつながり」を表す指標として使われています。

各SNSによって何をエンゲージメントとするかが異なり、インスタグラムでは「いいね」「コメント」「投稿の保存」の3つをエンゲージメントとしてカウントするのが一般的です。

インスタグラムでエンゲージメントが重要な理由

インスタグラムのアカウントを運用する上で、エンゲージメントを伸ばすことはとても重要です。なぜなら、投稿に反応してくれるユーザーが多いほどファンの獲得や売上の向上が期待できるからです。

SNS運用ではフォロワー数を伸ばすことを目標とする場合もありますが、いくらフォロワーが多くても、エンゲージメントが少ない投稿は「投稿がユーザーの目に留まっていない」「共感や理解されていない」といった可能性が高いです。

一方、エンゲージメントが多い投稿はたくさんのユーザーがわざわざアクションを起こしてくれているため、それだけ投稿内容が支持されていると考えられます。

SNS運用の目的としてファンの獲得や売上げアップを目指しているなら、投稿に対して支持や共感してくれるユーザーを増やすことが大切です。支持や共感されているかどうかを測る指標として、単純なフォロワー数だけでなくエンゲージメントを意識する必要があります。

インスタグラムにおけるエンゲージメント率の計算方法

投稿に対する反応の数をエンゲージメント数、反応の割合をエンゲージメント率と呼びます。インスタグラムは公式のエンゲージメント率が表示されないため、自分で計算しなければなりません。インスタグラムのエンゲージメント率は、以下の計算式で求められます。

  • エンゲージメント率(%)=エンゲージメントの総数÷インプレッション数×100

エンゲージメントの総数は、「いいね」「コメント」「投稿の保存」の数を合計したものです。「投稿のシェア」もエンゲージメントとしてカウントしたい場合は、シェア数を総数に含めたうえで以下の計算式を用いてください。

  • エンゲージメント率(%)=エンゲージメントの総数÷フォロワー数×100

エンゲージメント率の計算方法は各SNSによって異なります。インスタグラム以外のSNSは別の計算式を用いるため注意してください。

インスタグラム運用におけるエンゲージメント率の目安

インスタグラムのエンゲージメント率の目安は最終的な目標や業界などによって変わってくるため、一概に「○%を目指すべき」とはいえません。ただし、Rival IQによる2022年の調査レポートでは、インスタグラム全体のエンゲージメント率の平均は0.67%とされているので、これがひとつの目安となります。

あくまで全体での数値になるので、ベンチマークしている他社の反応や自社で運用してきたこれまでの数値などを参照しながら、目標値を決めると良いでしょう。

インスタグラムのエンゲージメント数を確認するには

インスタグラムは、「インサイト」という公式の分析ツールを提供しています。インスタグラムのエンゲージメント数を確認したいときは、インサイトを活用しましょう。

ここではインサイトの概要と、確認できる主なデータについて解説します。

インスタグラムのインサイトとは

インサイトは、インスタグラムが提供している分析ツールです。インスタグラムの公式アプリから無料で利用でき、エンゲージメント数やインプレッション数などを確認できます。

インサイトを表示するためには、アカウントの種類を「ビジネスアカウント」もしくは「クリエイターアカウント」に設定する必要があります。プロフィール画面の設定メニューにある「プロアカウントに切り替える」からアカウントの種類を変更できるので、まずはインサイトが利用できるアカウントに設定を変えましょう。

ビジネスアカウントもしくはクリエイターアカウントに切り替えると、プロフィールからインサイトが利用できるようになります。

インサイトはモバイルアプリでのみ利用できる機能なので、エンゲージメント数を確認したいときはPCではなくスマートフォンのアプリからアクセスしてください。

インスタグラムのインサイトで確認できる主なデータ

Instagramのエンゲージメント率を上げる方法とは?

インスタグラムのインサイトで確認できるデータは、アカウント全体に関するものと、投稿やストーリーズなどコンテンツごとに確認できるものがあります。

アカウント全体に関するデータとして、以下のようなものが挙げられます。

最近のハイライト一定期間内におけるパフォーマンスの注目すべき増加
インサイトの概要リーチしたアカウント数、アクションを実行したアカウント数、フォロワー数など
合計フォロワーフォロワーの増減やフォロワー属性の傾向

コンテンツごとのデータは、以下のような項目が確認できます。

リーチしたアカウント数一定期間内に1回以上コンテンツを表示したユーザー数
アクションを実行したアカウント一定期間内にコンテンツに対してアクションしたユーザー数
コンテンツでのインタラクションユーザーからのアクションの内容

インスタグラムのエンゲージメント率を上げるには

インスタグラムのエンゲージメント率を上げたいと思っているものの、具体的にどのようなことをすべきなのかわからずに悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは、インスタグラムのエンゲージメント率を上げるための10の方法を紹介するので、チェックしてみてください。

ペルソナを設定する

インスタグラムのアカウント運用に限らず、マーケティングにおいて重要なのはペルソナの設定です。ペルソナとはターゲット像を一人の具体的な人物に落とし込んだもので、年齢・性別・職業・趣味・ライフスタイルなどを細かく設定します。「どのような人にフォローしてほしいのか」を明確にして、ペルソナを作り上げましょう。

ペルソナを設定しておくと「ペルソナに響く投稿はどのような内容か」というユーザー視点でのアカウント運用がしやすくなります。SNS担当者が複数いる場合には、ペルソナを共通認識としておくことで投稿ごとの整合性を保ちやすくなるのもメリットです。

ペルソナを設定する際、すでにインスタグラムのアカウントを運用中の場合は、現在のフォロワーの属性も確認してみてください。インサイトのメニューからフォロワーの居住地や年齢層、性別などが確認できるので、現在どのようなユーザー層から支持されているのかもペルソナ設定時の参考になります。

ユーザー目線で投稿を作る

ユーザーに何かしらの反応をしてもらうためには、ユーザー目線で投稿を作ることが大切です。一方的に届けたい情報を発信するのではなく「どのような投稿ならペルソナに好まれるか」を意識しましょう。

ペルソナを細かく作り込むほど、投稿内容を考えるときの参考になるユーザーの好みや生活パターンなどをイメージしやすくなります。ユーザー目線の投稿ができるように、はじめにしっかりとペルソナを設定しておきましょう。

統一感のあるアカウントにする

インスタグラムでは、アカウント全体で統一感を持たせることも重要です。インスタグラムは写真がメインのSNSで、プロフィール画面ではこれまで投稿した写真がずらっと並んで表示されるのが特徴です。プロフィールを表示したときに全体でひとつの世界観を演出できるような投稿を意識しておくとユーザーに興味を持ってもらいやすく、フォロワー数の増加やエンゲージメント率の向上が期待できます。

ひとつひとつの投稿内容も大切ですが、全体を通してどのようなアカウントに育てたいのかという軸を持っておきましょう。

定期的に投稿する

投稿の頻度が低すぎるとユーザーの目に触れる機会が少なくなるため、こまめに投稿しましょう。投稿の間隔が空きすぎるとフォロワーから忘れられてしまったり、アカウントが止まっていると思われてフォローを解除されたりする恐れもあります。

ただし、投稿は多ければ多いほど良いというものではありません。頻繁に投稿しすぎるとフォロワーのタイムラインを埋め尽くしてしまい、「しつこい」「ほかの投稿が見えない」など、せっかくフォローしてくれた人からの印象が悪くなってしまいます。

例えば1日に1回など、適切な頻度で継続的に投稿するのがポイントです。適切な投稿頻度は業界やターゲット層などによって異なるため、定期的にエンゲージメント率をチェックしながら最適な投稿タイミングを探ってみてください。

投稿日時を最適化する

インスタグラムの投稿は、「見てもらいやすい時間帯」に行うのがよいでしょう。フォロワーの職業やライフスタイルにもよりますが、多くの人がインスタグラムをチェックするのは通勤・通学や昼休み、帰宅から就寝までの時間帯です。そもそも投稿を見てもらえないとユーザーからの反応はもらえないため、なるべく多くの人に見てもらえる時間に投稿するように意識してください。

インサイトでは、エンゲージメント率の高い曜日や時間帯が確認できます。定期的に投稿と分析を繰り返し、インサイトを活用して最適な投稿日時を見極めていくのがポイントです。

ユーザーとのコミュニケーションを活性化する

インスタグラムなどのSNSは一方的に情報を発信するメディア媒体とは異なり、ユーザーとコミュニケーションをとりやすいのが大きな特徴です。ユーザーと積極的にコミュニケーションをとっておくと距離を近く感じてもらいやすくなり、ファン獲得やエンゲージメント率の向上が期待できます。

具体的な取り組みとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • コメントへのいいね
  • コメントへの返信
  • アンケート機能の活用
  • ライブ配信でコメントを読み上げる
  • ユーザーのアカウントをフォロー
  • ユーザーの投稿にいいね・コメント
  • ユーザーのストーリーズを閲覧

上記のような対応を心がけておくと「丁寧にコメントを返してくれたから、またコメントしよう」など、ユーザーに「反応したい」という気持ちが芽生えやすくなり、エンゲージメント率のアップにつながります。

また、ユーザーのアカウントにこちらからアクションを起こしにいくのも効果的です。自身のアカウントのファンになってもらえる見込みがありそうなユーザーを選定し、投稿にいいねやコメントを残してみましょう。ストーリーズの閲覧も、閲覧者一覧から確認してもらえる可能性があります。また、こちらからフォローをすると、どのようなアカウントからのフォローなのかを気にして投稿を見てもらえる確率が上がるため、エンゲージメントにもつながりやすいです。

ハッシュタグを活用する

フォロワー以外のユーザーにアプローチするには、ハッシュタグを活用しましょう。インスタグラムではハッシュタグ検索をする人が多く、ハッシュタグを付けるのと付けないのとではインプレッション数が大きく変わってきます。ハッシュタグ検索をする人は求めている情報がはっきりしているので、ハッシュタグ経由のアクセスはエンゲージメントを獲得しやすい傾向があります。

ハッシュタグを設定するときは、事前にどのようなタグがよく使われているのかチェックしておきましょう。投稿数が多いハッシュタグの方が、ハッシュタグ経由で投稿が見られる可能性が高まります。

「#ランチ」「#ホテル」など一般的なハッシュタグに加えて、地名や社名、ブランド名などを含めた具体性のあるハッシュタグも入れるようにしましょう。「#ランチ」などのハッシュタグは投稿数が多すぎて、他の投稿に埋もれてユーザーの目に留まらない可能性があります。

競合アカウントの投稿を分析する

競合となるアカウントが存在している場合、競合アカウントの投稿を分析することも大切です。競合アカウントのエンゲージメント率が高いのはどのような投稿なのかチェックし、投稿するときの参考にしてみてください。

競合アカウントの投稿を参考にするときは、自社アカウントの世界観やフォロワー層に合っているかどうかを意識しましょう。競合アカウントの投稿をそのまま真似するのではなく、参考にしたうえで自社アカウントの性質に合う内容にアレンジすることが大切です。

キャンペーンを開催する

。「フォロー&いいねしてくれた人に抽選で新商品プレゼント!」といった投稿を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。このようなキャンペーンを開催するとフォロワーやエンゲージメントを獲得でき、ブランドや商品を知ってもらうきっかけにもなります。

キャンペーン参加の条件として、以下のようなものがよく採用されています。

  • アカウントのフォロー
  • 投稿へのコメントやいいね
  • 指定のハッシュタグやメンションを付けて投稿

エンゲージメント率を高めるには、コメントやいいねなどのエンゲージメントを参加条件とするキャンペーンが効果的です。

他のインフルエンサーとコラボする

他のインフルエンサーとコラボしてお互いの投稿にタグを付け合うと、それぞれのフォロワーが投稿を見に来てくれてエンゲージメント率が高まりやすくなります。同じ業界やフォロワー層のインフルエンサーとコラボすれば、相手のフォロワーが自社アカウントをフォローしてくれる可能性があり、新規フォロワーの獲得も可能です。

インフルエンサーに商品を提供して紹介してもらう「インフルエンサーマーケティング」に取り組む企業も増えていて、インフルエンサーとのコラボはエンゲージメント率だけでなく売上向上も期待できます。

インスタグラムのエンゲージメントを確認する上での注意点

インスタグラムのエンゲージメントを確認するときは、以下の2点に注意してください。

  • フォロワー数が多いほどエンゲージメント率は下がる傾向
  • エンゲージメント数にはネガティブな反応も含まれる

上記2つの注意点について、以下で詳しくみていきましょう。

フォロワー数が多いほどエンゲージメント率は下がる傾向

インスタグラムのエンゲージメント率はエンゲージメント数をインプレッション数やフォロワー数で割って算出するため、分母となるフォロワー数が増えるほどエンゲージメント率は下がる傾向にあります。例えばエンゲージメント数が同じ場合、フォロワー数が多いほうがエンゲージメント率は低くなります。

そのため、「最近エンゲージメント率が低下している」と感じたとき、その原因はフォロワー数の増加によるものかもしれません。エンゲージメント率が下がったときは、その原因を正しく見極めることが大切です。

エンゲージメント数にはネガティブな反応も含まれる

エンゲージメント率は高ければ良いというケースばかりではありません。エンゲージメント数は単純な数値で、内容に関係なくカウントします。ネガティブなコメントが多く寄せられた場合もエンゲージメント率は高くなるため、エンゲージメント率だけでなく実際のコメント内容を確認することが大切です。

特に、急激にエンゲージメント率が上がっている場合は投稿が炎上している可能性もあるので、すぐにコメント内容を確認するようにしましょう。炎上を放置していると、アカウントへの信用が低下してフォロワー数やファンが減ってしまう恐れがあります。

インスタグラムのエンゲージメント率をアップさせよう

インスタグラムのエンゲージメント率はファン獲得や売上につながる指標となるため、アカウント運用を工夫してエンゲージメント率の向上を目指しましょう。ペルソナ設定やハッシュタグの活用、ユーザーとのコミュニケーション活性化など、本記事で紹介したエンゲージメント率向上のための施策を取り入れてみてください。

ユーザーとのコミュニケーションを活性化するには、ツールの活用もおすすめです。Autolikesはインスタグラムの運用におけるフォロワー増加やエンゲージメント向上に役立つアプリです。ユーザーのフォローや投稿へのいいねを効率的に行い、アカウント運用をサポートします。1ヶ月間の無料お試し期間があるので、ぜひ活用してみてください。

Instagramでフォロワーを増やすには?効果的なツールも紹介

ビジネス目的でSNSを利用する際、課題の一つとなるのがフォロワーを増やすことです。SNSを使って認知を拡大したい、自社のWebサイトやECサイトに誘導したいと思ってもフォロワーが少ないと高い効果は望めません。

特に拡散効果の高いTwitter(ツイッター)に比べ、シェア機能のないInstagram(インスタグラム)はフォロワーを増やすのが難しいSNSです。そのため、思ったようにフォロワーが増えずに悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ビジネス目的でインスタグラムを活用する担当者の方に向け、フォロワーを増やすポイントや効果的なツールを紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

初めてのインスタグラムを運用でチェックするポイント

初めてビジネス目的でインスタグラム運用を行う際、いくつか注意すべき点があります。なかでも重要なポイントは次の2点です。

  • Instagramのユーザー層は多様化している
  • アカウント設計から戦略的に運用することが重要

Instagramのユーザー層は多様化している

インスタグラムのユーザー層は、年々多様化していて幅広い年代層が利用しています。利用ユーザーの多くは10~20代の女性といったイメージは大きく変化していて、高い年齢層のユーザーも少なくありません。

総務省情報通信政策研究所が令和4年(2022年)8月に発表した「令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、10代で72.3%、20代で78..6%と高い数値を保っていますが、40代でも50.3%、50代で38.7%です。

また、女性ユーザー54.8%に対し男性ユーザー42.3%とほぼ半数は男性ユーザーのため、高い年齢層向け、男性向け商材であっても十分、成果を上げられる可能性はあるといえます。

アカウント設計から戦略的に運用することが重要

インスタグラムに限らず、SNSではただ漠然と投稿しているだけでフォロワーを増やすのは困難です。そのため、何を目的に誰をターゲットとして運用するのかをアカウント設計の時点から明確にしておく必要があります。

また、インスタグラムのアカウント開設後も、投稿の閲覧数やいいねの数、フォロワーの増減などを常に分析し、どのような投稿が効果があるのか検証しながら運用していくことが重要です。

インスタグラムでフォロワーを増やすコツ

インスタグラムでフォロワーを増やす主なコツは大きく「アカウント設計」「アカウントの作り込み」「ユーザーとのコミュニケーション」の3つです。それぞれについて具体的に解説します。

アカウント設計を行う

インスタグラムのフォロワーを増やせるかどうかは、アカウント設計により大きく変わります。ポイントは誰に何を伝えたいのかを明確にし、投稿の成果を分析できるようにすることです。

ペルソナを設定する

ペルソナとは、自社の商品を購入するもしくは自社商品に憧れる架空の人物像です。実際に存在する人物である必要はありませんが、「30代女性」「40代男性」など抽象的なターゲット層ではなく、できるだけ詳細なイメージを描きます。

具体的には、「趣味嗜好・仕事・家族構成・住んでいる場所・休日の過ごし方・普段の服装・現在の悩み・将来の夢」などできるだけ詳細にしたほうがよいでしょう。

ペルソナのイメージが詳細であるほど、インスタグラムでどのような画像を投稿すれば「いいね」をしてくれるか、購入意欲を持ってもらえるかを、より明確に想定しやすくなります。

ロアカウントに切り替える

ビジネス目的でインスタグラムを運用するのであれば、投稿の分析が欠かせません。投稿をどれだけのユーザーが閲覧したのか、どの投稿でフォロワーが増減したのかを知ることで、効率的な運用が可能になります。

インスタグラムで投稿を分析をするためには、プロアカウントへの切替が必要です。プロアカウントへの切替は審査や条件があるわけではなく、基本的には誰でも無料で取得できます。

なお、プロアカウントへ切り替えると、投稿の分析ができる「インサイト」へアクセスできるほか、お問合せ先表示、広告の出稿なども可能です。

プロフィールを工夫する

誰に向けてどのような投稿をするかを考えるのも重要ですが、誰が投稿しているかを明確にすることも同じように重要です。誰が投稿しているかがわからなければ、興味を持ってもらいにくくなり、フォローしてもらえる可能性も下がってしまうでしょう。

投稿内容興味を持ったユーザーは、誰が投稿したのかを確認する際、プロフィールを閲覧します。そのため、フォローしてもらえるようにするには、プロフィールの工夫が欠かせません。

プロフィールには、誰が投稿しているのかが明確になるよう、以下を参考に記載しましょう。

  1. 企業名・店舗名・ブランド(商品)名
  2. 店の所在地
  3. 企業、店舗、ブランド(商品)の特徴(創業〇年、店舗数など)
  4. 主に投稿する内容(商品の機能、便利な使い方、セール情報など)
  5. 自社WebサイトやECサイトへの誘導

アカウントを作り込む

アカウント設計の次は、アカウントの作り込みです。実際に運用を開始した後、どのように投稿していけばフォロワーが増えるのかについて解説します。

ペルソナに合った投稿を作る

投稿内容は、アカウント設計時に設定したペルソナの興味関心や悩みごとに沿ったものにするのが基本です。たとえば、ヘアケア商品を販売していて、ダメージヘアに悩んでいる20代女性をペルソナにしている場合、ダメージヘアを解消する方法や髪質別の対策などを投稿します。

ほかにも、不動産会社のアカウントで、戸建て住宅の購入を検討している30代夫婦をペルソナにしている場合は、モデルハウスの画像を中心に投稿します。また、購入資金が足りないことをペルソナの悩みに設定している場合は、賢い節約法や住宅購入時に関する税金の解説などの投稿をするのもよいでしょう。

ペルソナが同じであっても、悩みごとによって投稿する内容が変わるケースは少なくありません。そのため、投稿分析で思ったように見られていない場合は、改めてペルソナの設定を見直し、投稿内容も変えていく必要があります。

統一感のあるアカウントにする

たとえば、商品画像の投稿を続けているアカウントで、急に景色や社員の画像を投稿すると統一感がなくなり、ユーザーも戸惑ってしまうでしょう。特にファッションブランドや宝飾品、車などの高額な趣味嗜好品の場合、親近感のある投稿は逆にマイナスイメージに繋がるケースもあるため、世界観を統一することは重要です。

企業でインスタグラムを運用する際、複数人で投稿を担当するケースもあります。複数人で投稿する場合は、アカウントの方向性を統一するため投稿のルールを決めるとよいでしょう。

ただし、常に似たような投稿になると飽きられてしまうリスクもあるため、季節によって色のトーンを変える、小物や背景を活用するなどの工夫も必要です。

また、前述したように投稿の効果が出ないようであれば、内容の見直しも検討する必要があります。ユーザーに興味を持ってもらうことが重要であり、統一感を意識し過ぎるとかえって逆効果な場合もあるため、常に効果を見ながらの運用がポイントです。

写真・動画のクオリティを高める

写真・動画のクオリティ向上もフォロワー増加に欠かせません。写真・動画のクオリティを上げるには、高画質な作品を投稿する、そしてセンスの良い作品を投稿するという2点に注目する必要があります。

まず、高画質の写真・動画を投稿するには、プロフィール画面右上にある横三本線をタップし、「設定」から「アカウント」、「データ使用状況」を選択します。ここで、「最高画質でアップロード」をオンにすれば、高画質でのアップロードが可能です。

また、次の要件に合わせて撮影すれば画質の低下を防げます。

写真動画
解像度320~1080×556~1350ピクセル720ピクセル以上
フレームレート30 FPS (1秒当たりのフレーム数)以上
アスペクト比1.91:1~4:51.91:1〜9:16

センスのよい作品に関しては、インスタグラムで人気の高いアカウントを参考にするのがおすすめです。個人アカウントで練習するのもよいでしょう。ただし、加工を使いすぎると画質が落ちてしまうリスクがあるので注意してください。

投稿機能を使い分ける

インスタグラムには、通常投稿のほか、いくつかの投稿機能が用意されています。用途や目的に応じ、機能を使い分けながら効果的に運用しましょう。

  • 投稿

フォローしているユーザーのタイムラインに表示される通常の投稿機能です。撮影した写真・動画をそのままもしくは加工して投稿します。

  • ストーリーズ

撮影した写真・動画をフォローしているユーザーのホーム画面上部に24時間だけ固定表示できる機能です。新商品情報やセール情報などの当日告知に活用できます。

  • リール

最長90秒の動画を投稿できる機能です。画面下部の真ん中にあるアイコンをタップすると表示されますが、フォローの有無に関わらず次々と動画が流れるため、フォロワー以外に発見してもらえる可能性が高まります。長尺なので、ブランドメッセージや店舗紹介などにおすすめです。

  • ライブ配信

インスタグラム上で最長4時間までライブ映像を配信できる機能です。顧客と直接コミュニケーションを取りながら商品を紹介することもできます。

定期的に高い頻度で投稿する

これがベストという投稿頻度はありません。なぜなら投稿頻度が少ない人ばかりをフォローしている人にとっては3日に1度の投稿でも多いと感じます。しかし、投稿頻度が多い人を中心にフォローしている人は毎日投稿してもほかの投稿に紛れて気づかれない可能性があるからです。

ただし、どちらにしても投稿間隔を空け過ぎてしまうと忘れられてしまうリスクがあります。基本的には1〜2日に1回は投稿を続け、後はインサイトを見ながら離脱が増えたら投稿を減らす、反応が良ければ投稿を増やすといった形で調整していくとよいでしょう。

投稿する時間・曜日を最適化する

決まった時間に投稿するのは、フォロワー獲得はもちろん、既存フォロワーの維持にも高い効果を発揮します。

投稿する日や時間が不定期だとフォロワーに認知を得にくくなり、離脱の要因にもなりかねません。常に決まった時間に投稿していれば、フォロワーに覚えてもらいやすくなるうえ、投稿を楽しみに待ってもらえるようになるかもしれません。

まずは設定したペルソナの生活スタイルに合わせて投稿時間を決めましょう。運用開始後は、インサイトを見ながらもっとも反応の高い時間帯を探します。

フォロワーの属性により、訪問する時間は変わるので、常にインサイトを確認しながら最適な投稿時間を見つけましょう。

ハッシュタグを活用する

従来、インスタグラムではハッシュタグ(#)のついていないテキストは検索対象外でした。しかし、2022年現在、ハッシュタグがついていないテキストでも検索対象に含まれるようになっています。

ただし、テキスト検索はハッシュタグに比べあまり精度が高くありません。そのため、フォロワー以外に投稿を見つけてもらうには、適切なキーワードを選択し、ハッシュタグをつけることが重要です。

ハッシュタグの活用で自身の投稿を見つけてもらいやすくするには、自身の投稿に近い投稿のハッシュタグを確認し、同じハッシュタグにしてみましょう。

なお、ハッシュタグは、通常投稿のキャプション(投稿の説明文)、コメント欄のほか、リールやストーリーズ、プロフィールにも付けられます。

投稿内でプロフィールへ誘導する

さまざまな投稿機能やハッシュタグの活用で投稿を見つけてもらうための工夫は重要ですが、見てもらうだけではフォロワー増加に繋がりにくいです。フォロワーになってもらうには、投稿だけではなく、プロフィールを見て興味をもってもらう必要があります。

投稿からプロフィールに誘導する方法は2つあります。投稿した写真にアカウントの情報を記載する方法と投稿した写真・動画のキャプションやコメント欄にアカウント情報を記載する方法です。

また、誘導先のプロフィールを見ても興味を持てなければ、フォローはしてもらえません。フォロワーの増減によってアイコン画像やプロフィールの文章を改善することも忘れずに行いましょう。

ユーザーとコミュニケーションを取る

インスタグラムは写真・動画を通じてユーザーとコミュニケーションを取り、親近感を深めることも重要です。ここでは、コミュニケーションのポイントについて解説します。

コメントへのいいね返し・コメント返信をする

インスタグラムのコメント欄では、ユーザーと直接コミュニケーションを取ることが可能です。投稿した写真・動画に対してコメントをもらったら、なるべく返信をするようにしましょう。

ポイントは、ポジティブなコメントだけではなく、ネガティブなコメントであっても誹謗中傷でなければ反応することです。ネガティブなコメントへの対応によっては、投稿した本人はもちろん、それを見ているユーザーにも良いイメージを持ってもらえるかもしれません。

公の場でのコミュニケーションのため、常に多くの人に見られている意識を忘れずに対応することが重要です。

コメント数が多く全てに返信するのが難しい場合は、コメントに対していいねを返すだけでも対応するとよいでしょう。ユーザーがコメントを読んでもらえていると認識すれば、次回以降の投稿にもコメントをしようと考える可能性が高まります。

相性の良さそうなアカウントをフォロー・投稿にいいねする

SNS上のコミュニケーションは、相手からの反応を待っているだけではなく、こちら側からも積極的に反応していくことも大切です。

たとえば、自身の会社、店舗、ブランド・商品と相性の良さそうなアカウントをフォローしたり、投稿にいいねをしたりといった反応をしてみましょう。また、自社の商品を投稿してくれているユーザーには、感謝の気持ちをコメントするのもおすすめです。

コメント上でやり取りしたり、相手が自身のアカウントにプロフィールを見にきてくれたりといった流れからフォローバックをしてもらえる可能性もあります。

インスタグラムでフォロワーを増やすための注意点

インスタグラムでフォロワーを増やすには、さまざまな施策が考えられます。しかし、次の点ができていないと、思ったような成果が挙げられない場合もあるので注意が必要です。

クオリティを求めすぎて投稿の頻度を落とさない

高いクオリティの投稿を継続して行えば、フォロワーが増加する可能性は高まるでしょう。しかし、クオリティを意識し過ぎるあまり、投稿頻度が落ちてしまっては意味がありません。

インスタグラムを運用する最大の目的は、フォロワーと写真・動画を通してコミュニケーションを取り、関係性を構築することです。目的を見失い、クオリティばかりを求め投稿頻度が落ち、フォロワーに忘れられてしまっては本末転倒になってしまいます。

インスタグラムは写真・動画のコンクールではありません。あくまでもコミュニケーションの手段です。目的と手段を間違えないようにすることがフォロワーを増やすポイントでもあります。

稼ぐ目的の投稿ばかりを頻繁にしない

稼ぐことを目的としてインスタグラムを運用する場合、商品の紹介やセール情報など収入につながる投稿を増やしたくなるかもしれません。しかしPR投稿ばかりが続くとフォロワーに嫌がられてしまう可能性があります。

ビジネス目的のアカウントである以上、PRも重要ですが、PRと通常の投稿、フォロワーの課題解決につながる情報などをバランスよく投稿することがフォロワーを増やすポイントです。

どの程度のバランスが良いかについて、正解がある訳ではありません。インサイトでフォロワーの反応を見ながら調整していくとよいでしょう。

フォロワーが求めている投稿をする

フォロワーが増えてくると、運用前に設定したペルソナとは異なるユーザーも増えてくる場合があります。そのため、定期的にフォロワーのプロフィールを確認し、設定したペルソナの修正をしていくことで投稿内容の改善も必要です。

ペルソナが変わってくれば、求める情報の内容も変わってきます。いつまでも最初に設定したペルソナに向けた投稿をしていると、自分が求めているものとは違うと思われ離脱されるリスクも高まるでしょう。

自分たちが伝えたい情報を一方的に伝えるのではなく、フォロワーが求めている情報を欲しいタイミングで提供することを常に意識しながら運用していくことが、フォロワー増加につながります。

自動いいね・フォローツール「Autolikes」の利用もおすすめ

SNSの運用する企業の中には、必ずしもSNS運用専任の担当者がいるわけではなく、他の業務と兼任しながらSNSの更新も行っているケースが多いのではないでしょうか。

しかし、インスタグラム運用では写真・動画を投稿するだけではなく、フォロワーとのコミュニケーション、投稿の分析などやるべき作業は少なくありません。

そこで、できるだけ効率的に運用しながら成果を上げていくには、ツールを活用する方法があります。なかでもインスタグラム運用を効率化するツールとしておすすめなのが、Autolikesです。ここでは、Autolikesの概要、おすすめの理由について解説します。

プロモーションを自動化でフォロワーを獲得

Autolikesはツイッター、インスタグラムのフォロワーを効率的に増やすためのツールです。インスタグラム用の主な機能としては、次のようなものがあります。

自動でユーザーの投稿・コメントにいいねをする

ハッシュタグ、位置情報、ユーザー指定で、1日20~1,000いいね。また、コメントについても1日10~500いいねを自動で行います。

自動でストーリーの閲覧を行う

フォローしているユーザーのストーリーを自動で閲覧。エンゲージメントを深め、露出を高める効果が期待できます。

自動でユーザーをフォロー・フォロー解除する

ハッシュタグ、位置情報指定で、1日10~500人フォローを自動で行います。また日数を設定し、フォローバックを返さないユーザーに限定して自動でフォロー解除することも可能です。

実績が豊富

Autolikesは2017年からサービスを開始し、2022年までの5年間で導入実績3万社を記録。業種に関わらずさまざまな企業が導入・運用を行い、高い成果を出しています。導入実績が豊富なのもAutolikesをお勧めする理由の一つです。

コストパフォーマンスが良い

Autolikesの料金プランは、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の4種類で、業界最安値かつ利用期間が長くなるほど料金もお得になります。

1ヶ月プランであれば1,980円/月ですが、12ヶ月プランであれば月1,380円/月と30%もお得にサービスの利用が可能です。

1,980円の1ヶ月プランでも、たとえば1ヶ月で100フォロワーを獲得すれば、1フォロワー獲得単価は12.8円。1クリック数十円~数百円かかる場合が多いWeb広告と比較しても圧倒的なコストパフォーマンスを実現します。

また、1ヶ月無料キャンペーンを行っているため、どのような効果があるかとりあえず試してみたいといった場合でも気軽にご利用いただけます。

1ヶ月でフォロワー1000人増やすことも可能

自社が属する業種や扱っている商材、アカウントの特徴、投稿内容によっても異なりますが、Autolikesの活用でこれまでに1ヶ月で1000人のフォロワーを獲得した事例は多くあります。

すべて手作業で運用を開始してフォロワーを集めるのに比べれば、効率的なフォロワー獲得が可能です。

セキュリティ性が高い

Autolikesは、ブラウザベースで提供されるWebサービスではありません。システムやデータベースはすべて利用者様のPC上で動作します。また、パスワードの情報は全て暗号化した状態で保存されており、Autolikes側でも利用者様のパスワードを確認することはできません。そのため、Autolikesはセキュリティ面での不安がなく、安全性の高い運用が可能です。

アカウント凍結の心配が少ない

自動でいいねやフォローを繰り返していると、アカウントが凍結されるのではないかといった心配もあるかもしれません。しかし、Autolikesは人が操作しているような自然な方法でAIが自動化しているため、凍結されるリスクは極めて低いといえます。

Autolikesは1日でいいねやフォローをする数、時間帯などを細かく設定できるので、少しずつ増やしていくことで、凍結のリスクをさらに低減させることが可能です。

Autolikesでフォロワーを増やす仕組み

Autolikesでフォロワーを増やす基本的な仕組みは次のとおりです。

  • 利用者様が設定したルールに基づき、自動でいいねやフォローを行う
  • いいねやフォローをされたユーザーのなかで興味を持ったユーザーが利用者様のプロフィールを閲覧しにくる
  • プロフィールを見てさらに興味や好意を持ったユーザーが利用者様をフォローする

このサイクルを繰り返すことでフォロワーを増やしていきます。利用者様が行うのは、ハッシュタグや位置情報などの設定だけで、後は自動でいいねやフォローを行い、1ヶ月で1000人のフォロワー実現も可能です。

インスタグラムで戦略的にフォロワーを増やそう

インスタグラムは写真や動画など視覚に加え、画像にテキストを入れたりハッシュタグを活用したりするなどさまざまな形で情報提供が行えます。そのため、BtoCはもちろん、BtoB企業であってもフォロワーを増やし、認知拡大・売上向上につなげることが可能です。

ただし、ツイッターやFacebook(フェイスブック)のようなシェア機能がなく拡散性が低いため、運用開始後すぐに多くのフォロワーを獲得するのは簡単ではありません。質の高い投稿を継続するのはもちろん、ユーザーと頻繁にコミュニケーションを取りながら関係性を構築する手間がかかります。

そこで、効率的なフォロワー獲得を実現するツールとしておすすめしたいのが、Autolikesです。ハッシュタグや位置情報などを設定すれば、後は自動でいいねやフォローを行いユーザーの認知拡大に貢献します。

利用者様は、投稿のクオリティ向上やユーザーとのコミュニケーションに集中できるようになり、より深い関係性構築も可能になるでしょう。

ビジネス用途でインスタグラム運用を始めたもののなかなかフォロワーが増えないといった悩みを抱えている際は、ぜひ、Autolikes導入の検討をおすすめします。